一般社団法人 甲州青年会議所|明るい豊かな社会の実現を目指す甲州市の青年団体

委員長所信

  • HOME »
  • 委員長所信

ギネスチャレンジ会議 議 長 板倉 大輔

 私たち(一社)甲州青年会議所は本年度創立45周年を迎え、これまでの歴史と伝統ある様々な活動の中において所属会員が様々な地域の課題に対し、切磋琢磨しながら積極的に取り組むことで確かな成果の道を歩んできました。そのような輝かしい活動の中でも、本ギネスチャレンジ事業は開催が今年度で5回目に亘る重要な活動の一つです。山梨県内に深刻な被害をもたらした雪害から地域の人々を勇気付けるためにスタートした本事業は、(一社)甲州青年会議所の活動として抜群の知名度を得るに至り、現在では甲州市のポスターや地域の広報誌、全国TV放送に取りあげられる等、確かな評価を築きあげています。
 今年度ギネスチャレンジ会議の議長として、責任をもって先輩諸兄が築きあげてこられた実績を継承するとともに、天川理事長の所信にも示されている「継続事業には継続事業の重要性を再認識し、新たな試みは自信をもって取り組む」という考え方に誇りをもっています。
 昨年度まで主に広報拡大委員会が中心となって他の事業を兼務しながら開催してきた本事業を、今年度より会議体として事業を実施することで、継続事業において恒常的に実施している部分をブラッシュアップし、堅実にかつ簡易的なものとします。そのうえでより多角的視点からギネスチャレンジ事業の新たな可能性を追求し見出していくとともに、多種多様な人々が本事業に携わることのできる事業を目指し、これまで以上に参加者・運営側にとって有意義な事業を展開することで、社会貢献性を高めていきたいと考えています。その取組みの結果として、私たちの生活している甲州市の知名度を一層高め、交流人口を増加させ、地域の経済活動に助力して貢献することを目標として掲げ、会議体一同が一致団結し、推進力をもって一年間の活動を行って参ります。

ひとづくり委員会 第一委員長 山本 誠司(左) 第二委員長 佐野 元貴(右)

 私たちの考える長期的なひとづくりとは、各会員が青年会議所運動を通してこの地域の魅力を実感し、自分自身の成長とその経験をこれからの時代を担う若い世代へと途絶えることなく伝え続けていくことだと考えます。
 ここにおける地域の魅力とは、この地域に暮らす人と、この地域を取り巻く豊かな地域資源との関係に支えられています。その魅力と青年会議所運動の熱意と醍醐味を引き継ぐためにはそれらを人に伝えるための技術を備えることが不可欠だと考えます。
 そこで、私たちはこの地域との関係性の上に存在していることへのありがたさを子どもたちに気づいてもらうことにより、子どもたちがこの地域の未来を考え、行動するきっかけになると考えます。それには、地域に赴き、そこで感じたことを伝えあうこと、同じこの時代この地域に生きる仲間として一緒に地域や未来について考えていけるような事業を展開していきます。
 また、各会員にとっても地域の魅力や青年会議所運動によって感じた醍醐味を個人でとどめておくのではなく、他の人にも伝えることでより自分の中で理解が深まり、個人としても成長できると考えます。そのためにも人に伝える技術を学べるような研修事業を展開していきます。その成長を糧に諸先輩から受け継いできた青年会議所の醍醐味を未来の会員へと引き継ぐことが、青年会議所運動の活発化へとつながり、やがて地域の発展への推進力になると考えます。
 今年度、ひとづくり委員会では、未来を背負う子どもたちとの交流と、会員同士が共に学び・考え・楽しむことで、未来につながる事業を目指します。

まちづくり委員会 第一委員長 河西 仁(左) 第二委員長 金井 友裕(右)

 私たちの考えるまちづくりは、地域資源の素晴らしさを活した事業を展開することによって多くの人が訪れ、まちに賑わいをもたらすことです。甲州市には、フルーツマラソン、フットパスといった健康的で自然豊かな地域資源を活した事業が開催されており、地域の方にも認知され、多くの方が参加されております。
 理事長所信には『現状の強みを見直し、弱点を補強し、必要ならば新しい産業や観光モデルを自ら作り出し、甲州市を巻き込みながら展開する』と書いてあります。これまで(一社)甲州青年会議所は様々なまちづくりに取り組んで参りましたが、私たちまちづくり委員会は健康志向と豊かな資源を取り入れた新たな観光モデルの提案をできる事業を目指します。また、事業を行うことで観光客が増え『地域経済が潤うこと。人口が増えること』のきっかけ作りを行います。
 最後にまちづくり委員会では、行政・市民・地域団体を巻き込み、市内外に甲州市の魅力を広めていきます。そして、互いに切磋琢磨し甲州市が賑わう事業を目指します。

まちづくり委員会 第一委員長 石川 和重(左) 第二委員長 松山 典嗣(右)

青年会議所の醍醐味の一つとして、会員それぞれが様々な活動を通して「心の豊かさ」を育むことがあると考えます。つまり、どれだけ自分一人の幸せではなく全体の幸せを考え行動できるかということです。会員は自分の時間、財などを費やし明るい豊かな社会を実現するべく行動しています。青年会議所はその活動を通して「心の豊かさ」を育む場所とも言えます。
 現在私たちの身の回りにある便利な物は、過去の不便さを解消し生活の豊かさを実現してきました。その反面、コスト削減や生産性向上を考えるあまり、機械的な作業により生み出される物が多く、手作業にある工夫や心意気、人と人とのコミュニケーションといった、心を豊かにする要素が失われつつあると考えます。
そこで、伝統委員会では、甲州市に数多く残されている歴史ある神社仏閣に携わる人々の経験を活かした、講演会や体験型事業を展開し、代々受け継がれてきた古き良き教えを学び体感することで心を豊かにする生き方を見つけ出す機会とします。
 委員会のスローガンを~稽古照今~としました。稽古は習い事のような意味で使われることの多い言葉ですが、本来は古き正しき教えを学び、考え、実践するという意味です。照今は、現在に照らし合わせ、活かすことが大切という意味です。過去より見出した教えを現代の生活に取り入れ,「心の豊かさ」を育むことで、他人から必要とされる人、他人に何かを与えられる人、そのような自信が持てる大人へと成長していけるよう、1年間活動していきます。

総務委員会 周年事業実行委員長 阪下 哲司

 2018年度、(一社)甲州青年会議所は創立45周年を迎えます。1974年に全国で565番目の青年会議所として塩山青年会議所が発足し、そこから数年後に法人格を取得、2006年には市町村合併に伴い(社団)甲州青年会議所と名称変更、また2013年には公益法人制度改革に伴い(一社)甲州青年会議所に名称変更し、2018年の現在へと続いております。
 創立45周年の節目の年に式典を執り行うことで、今までの青年会議所運動の歴史と伝統を重んじ、現在までの歴史を築いた先輩諸兄への感謝と敬意を示します。また45周年の式典は、先輩と現役の会員の交流の場でもあります。そこで現役の会員には先輩方の過去の青年会議所運動を知り、そこから学ぶことで、なぜ青年会議所が存在するのか、何のために活動しているのかを改めて考えていただきたいと思います。
 次に現在、定めているLOMビジョンを見直すことで、今後の青年会議所運動がさらに地域への貢献や影響力が高まる運動となるように方向性をしっかりと定めます。新しい目標を作ることで未来へ向けて、組織としてのまとまりと会員個人の意識の向上を目指します。
 私は、今回の45周年式典は所属会員が自分を省みる良い機会だと考えます。青年会議所とは何か、なぜ甲州青年会議所に所属しているのかといった根本的な部分を一度、見つめ直すこと、仲間や組織として同じ方向にベクトルを向けることが大切だと考えます。そこから団結力=推進力となり必ずや個人や組織としての成長につながっていくと考えます。
 そして、改めて青年会議所運動を支える「奉仕」「修錬」「友情」の三信条の意味を考え、青年としての「英知」と「勇気」と「情熱」を持ち、それらを今後の青年会議所運動の推進力に変えて、次の50周年へと向けて活動していきたいと思います。

総務委員会 拡大委員長 雨宮 孝浩

 近年、(一社)甲州青年会議所は会員拡大に力を注いでおり、多くの新入会員が入会されました。この功績を更に輝かせるために今年度は「つながり拡大」といたしました。各委員会と密に連携を図り情報を共有し、会員拡大を進めていきます。拡大訪問を積極的に実施し、同じ志をもった人材の確保に努めます。
 私たちが暮らす甲州市をより良いまちにするためには、多くの人材が必要です。同じ志をもった人材が集まれば、地域を良くするために考える人材が増え、より大きな力となり、市民、行政への影響力が高まってくと考えます。今年度は15名の会員拡大を目標に活動していきます。綱領にもある「明るい豊かな社会の実現」を推し進めるには会員が一体となり、更なる会員拡大を目指し、(一社)甲州青年会議所がより地域に影響力を与える団体となり、今年度のスローガンである「推進力」へとつながります。そして新たな会員に一体感を感じてもらいながら同じ目標に向かい共に成長しあえる中で会員拡大活動を1年間行っていきます。

総務委員会 事務局長 池田 勇人(右) 財務局長 向山 祐司(左)

 総務委員会では、配信業務・資料確認・会場設営・財務管理等、役割を滞りなく行い、会議が円滑に行えるよう推し進めていきます。各委員会と連携を強化していき委員会、役員会、理事会のスケジュール管理を行い各委員会がまとまっていけるようサポートしていきます。
 そして3LOM合同例会では(公社)山梨青年会議所、(一社)笛吹青年会議所との交流を深めます。また、献血事業におきましては社会貢献と青年会議所運動を発信していきます。
 今年度の総務委員会のスローガンを「チーム一丸」といたしました。(一社)甲州青年会議所は、チームの集合体だと思います。そこで推進力を強化していくために、まずは総務委員会で連携を強化していき、その連携をほかの委員会にも広げ、やがて全体のチームが一丸となり進んで行けるように責任と自覚を持って1年間活動をしていきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter

koufu
fujikoko
turu
nirasaki
ootuki
yamanshi
nanpusu
fuefuki
kyounan
uenohara

アクセスカウンター

  • 2471総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 5昨日の閲覧数:
PAGETOP